Renovation

2021.8.31 / renovation

理想のキッチンリフォームを叶えるためには?おさえるポイントや人気のキッチンをご紹介

キッチンの老朽化で水漏れやコンロが壊れた、収納が少なくて使いにくいなど、今使っているキッチンに不便を感じる人も多いのではありませんか?

しかし、いざキッチンリフォームをしたい!と考えても、費用や間取り、どのキッチンにしたらいいか?など、悩む部分が多いはずです。

今回はリフォーム・新築注文住宅の実績多数のウィルホームが、理想のキッチンリフォームを叶えるポイントを紹介。費用相場や、今人気のシステムキッチンまで解説していきます。

 

キッチンリフォームの種類と費用相場


キッチンのリフォームは、大きく分けて3種類。小規模なものから大規模なものまで、それぞれの費用相場を紹介します。

部分的なリフォーム
コンロや換気扇の交換といった、部分的なリフォームは最も手軽にできます。費用相場は15〜20万円。規模によって費用は変わりますので、ご注意を。

ちなみに「リフォーム5万円!」など広告で安く書かれている場合、施工費用が含まれていないこともあります。しっかり確認しましょう。

キッチン全体をリフォーム
位置は変えず、古いキッチンから新しいものに交換するケースです。
費用相場は80〜100万。電気や水道などの工事が無い場合、数日ほどで工事も終わります。キッチンリフォームで最も多い依頼です。

キッチンの位置変更など大規模なリフォーム
壁付きのキッチンから対面式やアイランドキッチンに変更する場合、間取りの変更もあり大規模なリフォームになります。

費用相場は配水管や電気などの工事が発生する場合、150〜200万ほど。3種類のリフォームの中でも最もコストが高く、なおかつ工事日数も長くなります。

失敗しないために!キッチンリフォームのポイント

キッチンリフォームは大きな費用がかかり、なおかつ20〜30年と長く使うもの。「こんなはずでは…」と後悔しないために、キッチンリフォームのポイントを解説します。

キッチンの目的を明確にする
リフォームをするということは「劣化したから変えたい」「もっと使いやすいキッチンにしたい」など、何らかの不満があるはず。

今、使っているキッチンで何が不満なのかを洗い出し、キッチンに何を求めるか?と「目的」をハッキリさせましょう。

「共働きで忙しいから高性能な食洗機がほしい」「家族と会話しながら料理できる対面式がいい」など、目的は人それぞれ。あるいは、どんなキッチンが理想か?と考えていくのもよいでしょう。
目的や理想を明確にしないと、リフォームの失敗につながります。

 

間取りや動線を意識する
レイアウト変更が伴うキッチンリフォームの場合、間取りや動線に注意しましょう。キッチン→ダイニング、キッチン→水廻りの動線など、生活に合う間取りにすることが重要です。

何も考えずにデザインや性能だけでキッチンを選ぶと「動きにくい!」と後悔することも…。間取りや動線を見て「リフォームで使いやすくなるか?」と考えてくれる工務店に依頼しましょう。

 

システムキッチンの機能もチェック
システムキッチンは新しいシリーズがどんどん出ており、より高性能になっています。しかし、あれもこれもと性能を付け加えていくと、予算オーバーになってしまう可能性も。

どの機能を重視し、どんな機能がほしいか、あらかじめ考えておきましょう。「こんなに沢山の機能があっても使わない」と冷静に判断でき、予算内で理想を叶えるにはどうしたらいいか?が分かります。

 

収納スペースを確保する
キッチンの性能も重要ですが、収納スペースの使いやすさも大事なポイント。システムキッチンのコンロやシンク下は、引き出し収納になっていること多く、収納力はあまりありません。お皿などを重ねて置けず、やや使いにくいこともあります。

ウィルホームでは、キッチンリフォームをする際にパントリーや背面収納棚といった「収納のしやすさ」も込みで提案をします。
新しいキッチンを入れて満足!ではなく、キッチン周辺を使いやすくし、リフォーム後の満足度を高めます。

 

リフォーム・新築を検討中の方必見!今、人気のシステムキッチン

最後に今人気の高い、システムキッチンについて紹介します。リフォームはもちろん、新築注文住宅を検討中の方も参考にしてください。

クリナップ「ステディア」

(画像出典:https://cleanup.jp/kitchen/stedia/space_plan/#plan02)

予算・機能面・デザイン面、それぞれが高水準で人気のキッチンです。内側のキャビネットはALLステンレス。サビ・油汚れ・熱にも強く、お手入れもしやすいのがポイント。劣化しにくく長く使えます。

食洗機は今話題の「ミーレ」を搭載しているので、性能にこだわりたい人にぴったり。

 

TOTO「ザ・クラッソ」

(画像出典:https://jp.toto.com/products/kitchen/crasso/)

透明感のあるクリスタルカウンターやシンプルなフォルムが特徴のキッチン。洗練されたデザインなので、キッチンをお部屋の中心に置きたい方におすすめです。

カウンターは熱にも強く、衝撃にも強いので性能面もバッチリ。さらに、専用の水栓から出る「きれい除菌水」で、除菌や気になるヌメリも防止できます。

 

サンワカンパニー「グラッド45」

(画像出典:https://www.sanwacompany.co.jp/shop/series/S0170/#tab5)

無駄のない設計やフォルムで、高い人気を誇るサンワカンパニー。おしゃれなデザインが多いので「とにかく素敵なキッチンがほしい!」という方にぴったり。

「グラッド45」は、オールステンレスキッチンで高級感を演出。扉やサイドパネルの小口が見えない留め加工、シャープな角シンクなど、細かな部分に職人技が光ります。ステンレスなので、丈夫で長く使えるのも嬉しいポイント。

 

リクシル「シエラS」

(画像出典:https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/shiera/)

リクシルのキッチンは、比較的リーズナブルでありながら、デザイン・性能も良いと好評。コストパフォーマンスに優れているので、多くの方におすすめできるキッチンです。

中でも新商品の「シエラS」はリーズナブルな価格と、すっきりとしたシンプルデザインが特徴。扉は27色から、取手は3色から選べるので、どんなインテリアにもフィットします。タッチレス水栓やお手入れが簡単なシンクなど、使いやすさもしっかりカバー。

 

キッチンリフォームはウィルホームにご相談ください

キッチンリフォームのポイントや人気キッチンについて詳しく紹介しました。リフォームの中でもキッチンを変えたいという人は多いので、ぜひ参考にしてください。

ウィルホームではリフォームや新築を建てる際、お客様の理想・予算・好きなメーカーなどをお聞きして、おすすめのキッチンをご提案しています。さらに、間取りや動線を考え、使いやすいキッチンを叶えます。

キッチンリフォームにお悩みの方こそ、ぜひ一度ウィルホームにご相談ください!