有限会社高橋建創(ウィルホーム)

  • 電話番号024-563-3178

    受付時間/8:00〜18:00(不定休)

  • お問合せ

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
2019.2.9
ブログ

マイホームの意味

いつもHPをご覧いただきありがとうございます。

今日はH様邸の上棟でした。

今日だけは他の現場に行っている棟梁も集まります。

スムーズに出来上がっていく家を見るのはうれしさと楽しさがあります。

 

H様から家づくりのご相談があったのは約2年前でした。

「家賃を払うのがもったいない!自分の資産にお金を払いたい!」から家づくりがスタートしました。

土地の選定からプラン予算の確定など、H様にはとても長いお時間お付き合いいただきました。

まだまだこれからですが、今までの家づくり計画が満足いくものに仕上げていこうと思います。

 

完成予定を皆様にも少しだけ・・・

 

 

 

 

 

 

2019.2.2
ブログ

建物付きの土地

いつもHPをご覧いただきありがとうございます。

今年は解体からの新築案件が多く、建物着工計画を解体段階から検討をしております。

また、今は建物も勝手には壊してはいけませんので、解体してしまうと再建築不可・・・

なんてこともあるので注意が必要です。(解体前に建築会社に相談することをおススメします)

≪旧物置を解体して新居を建築します≫

 

さて、建物の解体からのお話しですが、ウィルホームでもお客様と土地を探す中で、

最近は建物付きの売地なども良く見かけるようになりました。

土地を買う上で、傾向としては「更地引渡し」を好まれて購入する方が多いのですが、

建物付きの場合でも悪くない場合があります。

不動産さんは土地の評価決める際、既存建物がある場合【解体費用】を見込んで土地の評価額を決めます。

例えば、地域の評価額1500万の土地で50坪前後の建物が建っていた場合。

そこから解体費を差し引いて1300万円で出すことがあります。

解体費用込で総額を考えると土地の相場価格になります。

また、解体費用自体も不動産の想定より安く上がるも場合もございます。

ただ難しいのは土地の全体像が見えないので、購入を戸惑ってしまうことだと思います。

敷地の広さや活用方法が見いだせず、あきらめてしまった方もいるのではないでしょうか。

できれば一度、工務店やハウスメーカーの提案を聞いていただくことで、解体後の敷地計画や総額予算の

確認をしてからでも良いと思います。

そうすれば土地探しにも幅が出てくるはずです。

家づくりよりも難し土地探し、いろんな情報を駆使して探さなければいけません。

ウィルホームでも購入希望の土地があれば間取りのご提案も行っております。

悩んでおりましたら是非ご相談ください。

良ければウィルホーム自社物件もご覧ください。【さくら地区 宅地】←クリック

それでは、、、

 

 

 

 

 

 

2019.1.26
ブログ

実物を見る大切さ

いつもHPをご覧いただきありがとうございます。

今日は建築間際のお客様とリクシルショールムにお邪魔してきました。

ウィルホーム では展示場を完備していないので、図面上で確認をした上で実際のショールームにて最終決定を行います。

図面で見るのと本物を見るのではかなり印象が違いますのでウィルホーム では必ずショールームに行くようにしております。

 

ちなみにショールに行くタイミングですが、

新築やリノベーションの場合であればまずは理想の間取りが出来てから見学した方が、決めやすいですし、納得もしやすいのでおススメです。

その他にもウィルホーム ではお好きなメーカーのキッチンやお風呂などを選ぶことも出来ます。

お客様がキッチンやお風呂についてどのようにお考えかを相談して、ウィルホーム からご案内させていただきます。

性能重視なのか見た目重視なのか予算重視かをご判断して各種メーカーをご案内しながらキッチンなどをご提案させていただきます。

「どのメーカーを選んでいいかわからない」ときはまずは、キッチンの使い方やお風呂の好みを教えてください。

それぞれのメリットやデメリットを踏まえてお客様に合った物をご案内致しますね。

もちろんメーカーの指定があれば是非おっしゃっていただければと思います。

それでは…

2019.1.19
ブログ

コーヒーをいただきました。

いつもHPをご覧いただきありがとうございます。

最近は事務処理が多く事務所での業務が増えていく中、打合せの中お客様よりうれしいプレゼントをいただきました。

【自家焙煎珈琲 じゃ豆】さんのドリッブコーヒーです。

お客様の行きつけの喫茶店のオリジナル商品だそうです。

私もコーヒーは毎日飲んでいますが、正直味はそんなにわかりません、、、

ですがこのコーヒーは納得のいくおいしさ、香りでした。

ちなみにこちらのお客様は、コーヒー機材も含めてキッチン周りの雰囲気づくりを行っております。

満足のいくような家づくりをこれからもご提供できればと思います。

おいしいコーヒーありがとうございました。

施工予定図はこちら → H様邸施工予定図

 

 

 

 

2019.1.11
ブログ

アクセント階段

いつもウィルホームのHPをご覧いただきありがとうございます。

最近ウィルホームでも受注が多い造作階段についてお話ししていきます。

主に階段をアクセントに用いる家づくりの間取りはリビングの目立つところに階段を配置しております。

家族の気配が感じられるのが一番だと思いますが、家全体のイメージを決めるポイントですよね。

ウィルホームでは内観のテーマに沿って、木の階段やアイアンの階段をオリジナルで創っていきます。

木製階段は自社大工が造り、全体の雰囲気になじませます。

アイアンの鉄骨階段もフルオーダーで創ります。強めのデザインが特徴的です。

階段もどんな想いをこめて創るか、ポイントの高い部分になります。

気になった方は是非施工例もごらんください。

施工例はこちら→ウィルホーム施工例

それでは

 

 

 

2018.12.28
ブログ

年末年始休業のおしらせ

いつもウィルホームのHPをご覧いただきありがとうございます。

年末年始のお休みについてご案内致します。

12月28日~1月6日まで休業致します。

尚、お問合せいただいた内容は1月7日より順次ご対応致します。

ご迷惑お掛け致しますが、ご理解とご協力の程よろしくお願い致します。

 

2018.11.30
ブログ

薪ストーブのある生活

いつもHPをご覧いただきありがとうございます。

先日、薪ストーブを入れた施主様邸へお邪魔致しました。

そこで奥様と共に焚き付けの確認を行って参りました。

リビングであたたかな炎を見ながらゆっくり過ごす。

贅沢で理想的な空間になりますよね。

ですが、それに伴うデメリットもあります。

薪ストーブの特徴としては【手間はかかるがエコで暖かい】

手間とは・・・

・薪となる木を集める

・薪割り

・約一年乾燥

・毎日の着火

・30分~1時間ごとの薪入れ

・灰、煙突の手入れ

以上が薪ストーブを使うことによって必ずやらなければならないことです。

これがやってて楽しいか、ただ単にめんどくさいかで分かれるポイントです。

(比較的、男性はこの手間を楽しめる方が多いです。)

なんだか手間がかかるなと思われがちなのですが、もちろんメリットもあります。

・冬の暖房費実質ゼロ円

・遠赤外線で家中ポカポカ 半袖で過ごせます。

・空気中のチリや埃、においも薪ストーブが吸ってくれます。

・夏の期間もリビングのインテリアになります。

・家の中で炎を眺めてリラックス

・自然素材の為、地球にやさしい

・子供に【火】を教えられる。

以上が薪ストーブの大きなメリットです。

このメリットを手間をかけても楽しめるなら、薪スト―ブ程良い物はないと思います。

また、空気の入れ方で燃え方を調整出来たりして、自分だけの燃やし方なども楽しめます。

ウィルホームでも新築・リフォーム問わず、薪ストーブを入れる方が増えております。

ウィルホーム従業員も4割は薪ストーブを自宅に入れております。

気になった方はご相談の際に一度聞いてみてください。

それでは。。

 

 

2018.11.2
ブログ

家具選びも楽しみに

 

いつもウィルホームのHPをご覧いただき、誠にありがとうございます。

今日は見学会場の準備に行ってきました。

主に家具の組み立てが見学会の準備になります。

ご見学される皆様がイメージしやすいよう、家具を借りて一緒に展示しております。

生活感を味わえる見学会、お楽しみいただけたら嬉しいです。

家具選びも楽しい家づくりをご提案致します。

見学会のご案内はこちら←クリック(期間限定)

2018.10.18
ブログ

家づくりを楽しむ

いつもウィルホームのHPをご覧いただきありがとうございます。

今日は家づくりの打合せを行っていく中で、お施主様がどのようなところで家づくりを楽しんでいるのか?

をお話ししようと思います。

まずはご主人の夢だったOSBパネル壁を使った吹抜け書斎

吹抜けなので天井付近まで収納として使え、尚且つ釘やクギやビスも好きな個所に打てます。

趣味のスノボが収納兼インテリアに変わります。

 

次も同じく書斎です。

玄関続きの土間タイル書斎なので、自転車などが汚れを気にせず室内保管が可能です。

また、多少の汚れも物作業もここなら可能です。

LDKとのつながりも良く、ご主人の【籠りすぎ】防止にもなりますね

 

最後は子供たちの為に造られたボルダリングと滑り台です。

こちらは同じ部屋に同時に存在します。

子供には活発に育ってほしい親の想いがこもった造作遊び場です。

 

 

お施主様それぞれが、どこを楽しんで考えてたのかが色濃く出てますよね。

ご相談からここまで実現できたことはウィルホームも嬉しく思います。

打合せの際に是非皆さんの要望を教えてください。

まずは資料請求から←クリック

ご検討ください。

 

 

それでは。。。

2018.10.12
ブログ

キッチン周り

いつもウィルホームのHPを閲覧いただきありがとうございます。

今日はキッチンについて少しお話しします。

LDKが主流の現代の家づくりでは、キッチンの在り方が非常に重要になっております。

【キッチン本体をオシャレにシンプルに】

清潔感と高級感があり、無駄がありません。

または、LDKの雰囲気を変えないように手元を全て隠したりなどもいいですね。

【ダイニングテーブルは造作してキッチンと一体型】

ダイニングカウンターを造作にしてスペースを最小限に、またキッチンからの流れで盛り付けや

食器運びが楽になります。

【キッチン性能はそのまま、造作でLDKのアクセント】

見えないキッチン部分は機能重視。見える部分はLDKのアクセントになります。

造作を施すことで様々なデザインになるのがキッチン周りだと思います。

他にも高級キッチンやオーダーキッチンで、それぞれの色を出すのも面白いと思います。

みなさんの想うキッチン周りを教えてください。

それでは、、、

 

 

ページTOPへ

有限会社 高橋建創 (ウィルホーム)
〒960-2155 福島県福島市上名倉字堂下19
TEL.024-563-3178

お問合せはこちらから